地域型保育事業(事業所内保育事業)
児童福祉

事業者が設置する保育事業を地域で活用

事業所内保育事業は、事業所が主体となって、その事業所の従業員の児童を対象に開設した保育所に、地域の保育を必要とする子どもの保育(地域枠)を設けて実施するものです。

対象者

  • 原則として0歳から3歳未満の児童

サービスの内容

  • 事業所規模が20名以上の場合は、認可保育所と同様の職員や面積等の基準が適用され、19名以下の場合は
    小規模保育事業A型又はB型と同様の職員や面積等の基準が適用されます。
  • 地域枠の定員については、事業所内保育所全体の定員規模区分に応じ、国が定める基準を目安として市町村が
    地域の実情に応じて設定します。
  • 認定こども園、幼稚園、認可保育所のいずれかの施設と連携します。連携施設は事業所内保育事業実施施設に
    対し、「保育内容の支援」「代替保育の提供」「卒園後の進級先の確保」等の支援を行います。
    ※平成31年度までは経過措置として設定していない場合もあります。

利用料

  • お住まいの自治体が決定します(年齢や世帯所得及び世帯構成等によって異なります)。
    ※従業員枠の子どもの保育料については、市町村が定める額を上限として、各企業の判断の下、事業主が設定
     することとしています。

手続き

  • 利用の際はお住まいの自治体から認定を受けるとともに申し込みます。
  • 利用時には、施設と契約します。

WAM NET関連情報