ニュース
高齢者福祉

【長崎県】

「食と健康」テーマに交流「オヤジの集い」に60人が参加

長崎新聞 2017年3月1日(水)
魚さばきに挑戦する参加者=西海市、大瀬戸コミュニティセンター
魚さばきに挑戦する参加者=西海市、大瀬戸コミュニティセンター

 「食と健康」をテーマにした「2017オヤジの集い」が25日、長崎県西海市大瀬戸町の大瀬戸コミュニティセンターであり、県内各地の地域おこしや食生活改善、男女共同参画に取り組む市民グループのメンバーら男性を中心に約60人が参加し、交流を深めた。

 男性の自立を目指しながら食育活動に取り組む同町のまちおこしグループ「おおせとオヤジ夜究(やきゅう)教室」(杉本兼幸会長)が毎年開き、15回目。

 参加者は、同市の管理栄養士と保健師から血管内皮機能の仕組みや食生活の改善方法などを聞いた後、料理作りに挑戦。同教室のメンバーから手ほどきを受けながら、タコ飯、刺し身、手打ちそば、野菜中心の生活習慣病予防料理を作り、それぞれの活動の情報交換などをしながら味わった。同市職員による長生きの秘訣(ひけつ)をテーマにした寸劇も披露された。