ニュース
障害者福祉

【群馬県】

知的障害者施設知って ゆうあいフェス 物産販売やパネル展示

上毛新聞 2018年1月11日(木)
大勢の人でにぎわうゆうあいフェスティバル
大勢の人でにぎわうゆうあいフェスティバル

 第48回ぐんま知的障害者施設ゆうあいフェスティバル(県知的障害者福祉協会主催)が9日、県庁県民ホールで始まった。県内各施設で作ったパンや農産物、手工芸品などを販売しているほか、施設の活動状況をパネルで紹介している。11日まで。

 今回は物品の販売に18法人、制作品やパネル展示に32法人が参加している。販売コーナーには、パンやまんじゅう、野菜など多彩な商品が並び、多くの人でにぎわった。

 同協会の中島穣会長は相模原市の障害者施設殺傷事件を例に、障害者が身近な地域で生活していると知ってもらうことの重要性を指摘。「販売や展示を通して施設での生活や活動を知ってもらうためにも、多くの県民に足を運んでほしい」と話している。

 問い合わせは県障害政策課(027・226・2632)へ。