掲載されている情報について
トップ

社会福祉主事の資格を取得するには、大別すると次の3つのルートがあります。

 

養成機関

高校を卒業後、指定された養成機関で専門教育を受け、卒業と同時に取得する。


大学・短大

大学や短大で指定科目を履修して卒業と同時に取得する。


講習会

自治体の社会福祉事務所などの現職者が指定の講習会を履修して取得する。