ニュース
トップ

【熊本県】

熊本市の障害者就労支援19事業所 共同カタログ作製

熊本日日新聞 2017年3月16日(木)
カタログを手にする「はーとアラウンドくまもと」のメンバーら=熊本市中央区
カタログを手にする「はーとアラウンドくまもと」のメンバーら=熊本市中央区

 熊本市の障害者就労支援事業所でつくる「はーとアラウンドくまもと」が、市内19事業所の一押し製品を紹介する共同カタログを作った。熊本地震からの復興を目指し、「県内外に販路を広げ、利用者の生活を支えたい」と意気込む。

 同団体は障害者の工賃向上や社会参加に取り組む。地震による施設の被災や利用者の生活再建など、影響は今も続いているという。「昨年は復興支援として仕事が増えたり、県外の施設で製品を売ってもらったり、多くの方々の応援が本当にありがたかった。これからが正念場」と福島貴志代表(53)。

 カタログには、みかんジュースや県産小麦のクッキー、ふりかけなどの製品の写真や特徴のほか、箱や名刺作りなどの仕事を掲載。通販の方法や共同受注についても説明している。各事業所を紹介する冊子にもなっており、「利用者の社会参加を進める“ツール”になれば」と話す。

 巻末には「熊本地震の記録」として、障害者の避難所となったNPO法人の1週間の記録を併録。全国からの支援に感謝を伝える。カタログは無料。問い合わせはNPO法人熊本福祉会・翔TEL096(353)7700。(小野由起子)