ニュース
トップ

【高知県】

高知市帯屋町に子ども食堂「帯カフェ」大学生の居場所にも

高知新聞 2017年6月19日(月)
カレーやサラダを頬張る高校生(6月16日午後、高知市帯屋町1丁目)
カレーやサラダを頬張る高校生(6月16日午後、高知市帯屋町1丁目)

  大学生や小中高生を対象に無料で食事を提供する子ども食堂「帯カフェ」が6月16日、高知市帯屋町1丁目にプレオープンした。本格開始は7月で、毎月第1、3金曜の夕方に開く。晩ご飯を食べながら学校生活やアルバイト先での悩み相談もできる「居場所」を目指す。

  高知市内の2カ所で子ども食堂を運営する「こども食堂こうち実行委員会」が、生活費や授業料のためにアルバイトに明け暮れる大学生にも温かいご飯や安らげる場所が必要だと考え開いた。

  場所はアーケード街にあるビルの3階。普段は1、2階で営業している居酒屋が貸しスペースとして運用しており、「帯カフェ」の“営業日”だけ無償提供する。
  プレオープンのメニューは野菜たっぷりカレーにサラダ、デザートの小夏、ビワ。口いっぱいに頬張る小学生や高校生に、ボランティアが「おいしい?」「野菜も食べや」と声を掛けていた。

  高知大学1年の三木花梨さん(18)は「ご飯を作ってもらうありがたみを感じます。街中にあるので利用しやすい」と話していた。

  次回は7月7日午後4〜7時。保護者は300円。問い合わせはこども食堂こうち実行委員会代表の秦泉寺あやさん(090・3988・4120)へ。