ニュース
トップ

【神奈川県】

横浜で介護フェア 感謝される喜び糧に  事業所表彰や体験講演

神奈川新聞 2018年11月6日(火)
「かながわベスト介護セレクト20」の表彰を受けた受賞20事業所=横浜市西区、新都市ホール
「かながわベスト介護セレクト20」の表彰を受けた受賞20事業所=横浜市西区、新都市ホール

 介護の仕事の魅力を伝えようと、「介護フェアinかながわ」(県主催)が4日、横浜市西区の新都市ホールで開かれ、約1300人が参加した。優れた事業所を表彰する「かながわベスト介護セレクト20」を受賞した20事業所と、感動的なエピソードを表彰する「かながわ感動介護大賞」受賞6組の表彰式を開催したほか、若手介護職員・学生によるトークショーなど多彩な企画で、感謝される喜びや介護の尊さを訴えた。
 かながわベスト介護セレクト20では、いずれも特別養護老人ホームの「横須賀老人ホーム」(横須賀市)、「グリーンライフ湘南」(藤沢市)、「潤生園」(小田原市)、「湘南老人ホーム」(秦野市)の4事業所が制度創設から3年連続の受賞となり、受賞回数上限(3回)に達した。
 かながわ感動介護大賞では、父の葬儀で母との最後の別れの場を設けてくれた特別養護老人ホームの対応をつづった「施設職員の方々へ感謝」(山口恵美子さん)が最優秀賞に選ばれた。
 また、タレント・女優の荒木由美子さんが義母の介護体験を講演。「ケアノート」と題し、悲喜こもごものエピソードを交えて、認知症になった義母の20年にわたる介護体験を語った。
 荒木さんは十数年、在宅介護に奮闘した上、最後は施設入所の決断をした経緯などを紹介。その過程では、夫の歌手湯原昌幸さんからの感謝の言葉に救われたといい、「ありがとう」「感謝している」という言葉を口に出すことの大切さを強調した。

 受賞者は以下の通り。
 ◇かながわベスト介護セレクト20
 【訪問系】長田訪問看護ステーション(横浜市港南区)、横浜新緑総合病院(同市緑区)
 【通所系】生活維持向上倶楽部「扉」(同市泉区)、シニアサロンデュランタ(同市緑区)
 【居住系】ヒュッテ荏田南(同市都筑区)
 【入所系】特別養護老人ホーム芙蓉苑(同市港南区)、特別養護老人ホームビオラ市ケ尾(同市青葉区)、特別養護老人ホーム和みの園(同市戸塚区)、特別養護老人ホーム恒春ノ郷(同市泉区)、川崎市特別養護老人ホームすみよし(川崎市中原区)、特別養護老人ホーム縁JOY(相模原市中央区)、高齢者総合福祉センターヒューマン(横須賀市)、横須賀老人ホーム介護老人福祉施設(横須賀市)、介護老人福祉施設平塚富士白苑(平塚市)、特別養護老人ホームかまくら愛の郷(鎌倉市)、グリーンライフ湘南(藤沢市)、特別養護老人ホーム潤生園(小田原市)、湘南老人ホーム介護老人福祉施設(秦野市)、えびな北高齢者施設(海老名市)、中心荘第一老人ホーム(同)
 ◇かながわ感動介護大賞(エピソード題名と応募者、対象の事業所・従事者、敬称略)
 【最優秀賞】「施設職員の方々へ感謝」(山口恵美子、特別養護老人ホーム白朋苑)
 【優秀賞】「片手で編んだ『ひざ掛け』」(近藤和代、道志会ヘルパーステーション・吉澤ひとみ)、「お心遣い有り難う」(酒井照子、サロンデイリフレ大庭)、「母の願いを叶えましょう!!」(大畑良子、特別養護老人ホーム恒春の丘・1GHユニットの職員)、「思い出のマクドナルド」(野上佳澄、特別養護老人ホーム希望苑)、「親が子供達へ最後の命の教育」(八木早百合、介護老人福祉施設ミノワホーム)