理学療法士(PT)
トップ

リハビリテーションが必要な人たちにADL(日常生活動作)の回復に向け、運動・物理療法を行う

しごとの内容

 理学療法士はPT(Physical Therapist)とも呼ばれています。病気やけがや高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人たちに対し、基本的な動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防のため、運動療法や物理療法(温熱、電気、牽引などの物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用い、関節可動域の拡大や筋力の強化、マヒの回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療から動作練習、歩行練習などの能力向上をめざす治療までを行い、自立した日常生活を送ることができるよう、支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

 また、障害者が社会生活を送るために必要な福祉用具の選定や住宅の改修、環境の調整、さらには地域社会のなかでの自立した生活ができるよう、福祉的な立場から地域リハビリテーション事業にも参画します。理学療法士の仕事は体力を必要とするイメージが強いのですが、“心のしごと”という面も強い職種で、障害などにより家で寝たきり、閉じこもりがちな人たちに対してはその人らしい生活を見つけるための支援を行い、障害のある子どもたちに対してはその成長のため、何をすべきかをともに考えるなど、メンタル的なサポートも付随しています。

 なお、理学療法は医療行為(診療の補助)に位置づけられ、医師の指示にもとづいて行われます。

主な職場

 一般病院、診療所、保健所・保健センター、リハビリテーションセンター、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、老人デイサービスセンター、障害者支援施設、医療型児童発達支援センター、医療型障害児入所施設、特別支援学校、プロスポーツ団体

将来性

 治療医学が進歩する一方、障害児・者や高齢者が増加しているため、リハビリテーションのニーズは高まっています。また、介護保険法上の介護予防事業でも活躍が期待されている割には有資格者が少なく、求人数は求職者数の約5倍ともいわれているため、就職率はほぼ100%といえる状況です。

従事者数

 5万1,800人(2011年10月現在。病院のみの数値)

勤務形態

 通常は日勤で、朝礼後、看護師や介護福祉士などとともに前日の療法の分析、当日の日程の確認後、来所者に対して理学療法を行います。午後も理学療法を続けたのち、この日のケースを記録し、申し送りをして帰宅するのが一般的ですが、施設によっては宿直もあります。

給与水準

 公立の場合、公務員給与規定にもとづき、公務員の基本給に調整手当、特殊業務手当などが20〜30%上乗せされます。民間の場合、公立の場合よりも若干高めですが、いずれも初任給は短大(3年制)卒で平均月17万〜18万円程度、経験者で平均月25万〜30万円程度です。

資格取得のルート

 次の@〜Bのいずれかに該当する人は理学療法士国家試験の受験資格を得ることができ、この試験に合格し、厚生労働大臣の免許を得て理学療法士の資格を取得します。

 @文部科学大臣指定の学校、または厚生労働大臣指定の養成施設で3年以上理学療法に関する知識と技能
  を習得した人

 A作業療法士の資格所持者であって、文部科学大臣指定の学校、または厚生労働大臣指定の養成施設で
  2年以上理学療法に関する知識と技能を習得した人

 B外国の理学療法に関する学校、または養成施設を卒業し、もしくは外国で理学療法士の免許に相当する
  免許を受けた人で、@〜Aに掲げる人と同等以上の知識と技能を有するものと厚生労働大臣の認定を
  受けた人



合格者状況


試験の概要

試験科目 <筆記試験>
一般問題 @解剖学、A生理学、B運動学、C病理学概論、D臨床心理学
Eリハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)
F臨床医学大要(人間発達学を含む)、G理学療法
実地問題 @運動学、A臨床心理学、Bリハビリテーション医学
C臨床医学大要(人間発達学を含む)、D理学療法
<口述・実技試験>
試験日 年1回、2月下旬
試験地 <筆記試験> 北海道、宮城、東京、愛知、大阪、香川、福岡、沖縄
<口述・実技試験> 東京
申し込み期間 12月中旬〜1月上旬
受験手数料 10,100円

資格取得のポイント

 養成施設などに進学し、理学療法士の国家試験をめざすのが一番の早道ですが、理学療法は医学の一分野のため、理科系科目の学習も必要です。

関連団体・組織

日本理学療法士協会

 http://www.japanpt.or.jp/

全国リハビリテーション学校協会

 http://reha-school.jp/

WAM NET関連情報