音楽療法士
トップ

音楽の持つ力を活かし、心身の療養や機能回復を図る

しごとの内容

 音楽を通じて心身に障害のある人に働きかけ、言語や薄れかけた記憶、人間的な感情などを取り戻させ、その回復を図ります。このため、MT(MusicalTherapist)とも呼ばれます。

 具体的には、単に歌を歌ったり、音楽を聴かせたりするのではなく、音楽療法士が個々の利用者のニーズに合わせて音楽を提供し、その効果を分析しながら実施します。

主な職場

 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、通所リハビリテーションセンター、障害者福祉施設、精神科病院、作業所、ホスピス病棟、保育所

将来性

 今のところ、民間資格にとどまっているため、日本音楽療法学会が国家資格化のための運動を展開しているほか、各方面からもその専門性が高く評価されています。このため、求人はこれから徐々に増えていくものと思われます。

合格者数












勤務形態

 通常、日勤です。

給与水準

 資格そのものとしては一般にまだまだ十分知られていないため、この資格だけで就職することは難しい状況です。

資格取得のルート

 音楽療法士の認定は、日本音楽療法学会と全国音楽療法士養成協議会の2つの団体が行っています。

 日本音楽療法学会の認定資格を得るには、まず学会の認定校に入学し、音楽療法について体系的に学び、必要なカリキュラムを修了して学会認定音楽療法士(補)受験資格を得ることが必要です。

 具体的には、(補)資格審査(筆記試験)に合格して(補)資格取得後、学会認定音楽療法士資格審査(面接試験)に合格すると資格が得られます。

 また、指定校での履修が困難な人は学会が主催する(補)資格試験受験のための必修講習会を受講し、(補)資格試験の受験資格を得る方法もあります。この場合、@日本音楽療法学会の正会員である、A大学、短大、高等専門学校、専門学校(2年以上)を卒業している、B臨床経験が5年以上あることが要件になります。

 このほか、全国音楽療法士養成協議会には音楽療法士養成課程をもつ全国の大学と短大が加盟しており、指定カリキュラムの履修により音楽療法士(1種、2種)の資格を得ることができます。

合格者状況


資格取得のポイント

 最も短期間で資格を取得する場合、音楽療法コースを設けている音楽系大学などに進学し、音楽療法士試験の合格をめざすことになります。

関連団体・組織

日本音楽療法学会

 http://www.jmta.jp/index.html

全国音楽療法士養成協議会

 http://jecmt.jp/