訪問看護事業所(訪問看護ステーション)
トップ

利用者の自宅を訪問し、療養生活を支える機関

概要

 自宅で継続して療養を受ける状態にある高齢者に対し、その主治医が必要と認めた場合、看護師などが主治医の指示を受けて本人の居宅を訪れ、療養上の世話や必要な診療の補助を行います。

 具体的には、疾病や負傷などによって寝たきりやこれに準ずる状態にある高齢者に対し、看護師などが本人の居宅を訪問し、病状の観察や清拭、じょくそうの処置、カテーテルなどの管理、リハビリテーション、家族への療養上の指導など、介護に重点を置いた看護サービスを行います。医療への依存度が高い状態で自宅療養する人が増えているなか、きわめて重要な役割を担っています。

 また、2012年の介護保険制度の見直しに伴い、24時間365日にわたり、定期巡回・随時対応型訪問介護看護が導入され、訪問介護事業所と一体型、もしくは連携型の事業を行うことができるようになったため、その役割はますます高まっています。

 設置主体は、地方自治体、医療法人、社会福祉法人、医師会、看護協会など、厚生労働大臣が定める者のうち、一定の基準により、都道府県知事の指定を受けた者となっていますが、実際は医療法人による設置・運営が最も多くなっています。

施設数

 7,157か所(2013年10月現在)

主な就業職種

 看護師、准看護師、保健師、介護支援専門員(ケアマネジャー)、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、事務職員

採用について

 介護保険制度の見直しをはじめ、後期高齢者医療制度の創設など、医療制度改革に伴って整備が図られているため、今後も大幅な求人が見込まれます。

 また、福祉系企業・事業所によっては理学療法士(PT)や作業療法士(OT)が必要となる場合もあるため、これらの職種についても採用の余地があります。

関連団体・組織

全国訪問看護事業協会

 http://www.zenhokan.or.jp/

日本訪問看護財団

 http://www.jvnf.or.jp/

WAM NET関連情報