情緒障害児短期治療施設
トップ

軽度の情緒障害を抱えた児童を総合的に治療・支援し、早期の家庭復帰などをめざす施設

概要

 軽度の情緒障害のある児童が短期間入所、または保護者のもとから通い、情緒障害を治すことを目的とする施設です。

 具体的には、家庭や学校における人間関係などが原因で感情や情緒に不調をきたし、緘かん黙もくや不登校、反抗、乱暴、窃盗、授業の妨害などの問題行動やチックや爪かみ、夜尿、拒食などの神経性習癖などを有する児童を対象に各種心理療法や生活指導、教育を行い、社会適応性を高めます。施設によっては総合的福祉対策の一環として、カウンセリングや家族療法を行うところもありますが、入所児童のうち、被虐待児童が増加しているため、その対応が課題となっています。

施設数

 38か所(2013年4月現在)

主な就業職種

 医師、看護師、心理療法を担当する職員、児童指導員、保育士、栄養士、調理員、ソーシャルワーカー、事務職員

採用について

 施設が少ないため、基本的には欠員が生じた場合にのみ補充されているのが実情です。

関連団体・組織

全国情緒障害児短期治療施設協議会

 http://www.zenjotan.org/

WAM NET関連情報