共同作業所(小規模作業所)
トップ

地域で障害者が仲間と一緒に働く場を提供する事業所

概要

 特別支援学校を卒業したものの、障害があるため、進路が決まらなかったり、一度は一般の事業所に就職したものの、しごとになじめず、就業が継続できなかったりしている地域の障害者を対象に、働く場や生活・交流の場の確保をめざす民間事業所です。障害者団体や障害者の親・家族の会、ボランティアなどの関係者が生きがいづくりや機能訓練、生活支援、仲間づくり、学習、レクリエーションなどの共同事業を通じ、雇用促進のための訓練を行ったり、工賃を得ることを目的としています。地域によっては福祉作業所や小規模作業所、小規模授産所、障害者作業所などともいわれています。

 具体的には、地域の住民や事業所の理解と協力のもと、公園の清掃や廃品の回収・リサイクル、事業所の各種下請け作業、パンやクッキーなど自主製品の製造・製作とバザーなどでの販売、喫茶店などの経営を通じ、収益を上げています。また、音楽の演奏や運動会などのレクリエーション、生け花や陶芸などのクラブ活動、自治会活動などを行っているところもあります。

 このような共同作業所が生まれた背景としては、住み慣れた地域で暮らしたいという障害者や家族の思いや、行政による特別支援学校卒業後の地域における雇用の場づくりの立ち遅れなどがあります。しかし、法定外の無認可の事業所とあって、地方自治体などの援助が少ないため、施設の経営基盤や雇用の不安定などの問題を招いているところも見受けられます。

 ただし、最近では地域の一般の事業所が理解を示して業務を発注するなど、少しずつ環境が改善されてきています。

 なお、2006年10月から障害者自立支援法(現・障害者総合支援法)によって新たなサービス体系となり、共同作業所は主に地域活動支援センターや就労継続支援B型事業所への移行が行われています。

施設数

 共同作業所1,800か所(2014年度現在)、小規模作業所5,942か所(2004年度現在)

主な就業職種

 生活相談員、作業指導員、ケースワーカー

採用について

 事業所が元々少ないため、採用の枠はきわめて狭いうえ、非正規雇用が大半のようです。

関連団体・組織

きょうされん

 http://www.kyosaren.com/