社会福祉協議会(社協)
トップ

地域福祉の向上のため、民生委員・児童委員やボランティアなどで構成される民間非営利の組織

概要

 地域の住民の福祉を向上させるため、住民自らが主体となって運営する民間非営利の組織で、全国、都道府県、政令指定都市、市町村単位に全国社会福祉協議会(全社協)、都道府県社協、政令指定都市社協、市町村社協がそれぞれ設置されています。

 具体的には、民生委員・児童委員や社会福祉施設、民間福祉団体、行政、町内会、自治会などの代表やボランティアなどで構成されており、社協の事業・活動の指針の作成や日常業務の相談・助言、事業実績の収集・分析、社会福祉の啓発活動、住民の実態調査、各種福祉団体への援助、地域福祉活動、地域福祉活動計画の策定・実施、ボランティア活動の推進、市民福祉講座の実施、共同募金活動など住民の側に立ったさまざまな事業の企画・実施、進行管理、およびこれらの事務処理を行います。

 近年、少子高齢化の進行に伴い、従来の低所得者や障害者を対象とした生活福祉資金の貸付や住民に対するボランティア活動の啓発、小地域福祉活動、民生委員・児童委員や地方自治体などの協力による心配ごと・困り事相談への助言などの援護活動、老人クラブや子ども会、高齢者介護者の会の育成、敬老行事の開催、歳末助け合い運動の実施などに加え、訪問介護員・ホームヘルパー(初任者研修修了者)による高齢者や障害者を対象とした家事援助、介護サービス、共同作業所などの施設の運営なども行っています。

 また、生活支援員が介護サービスの利用のための援助や、これに付随した金銭管理などを行う日常生活自立支援事業(旧・地域福祉権利擁護事業)の推進役として、その活動が注目されています。

団体数

 全社協1か所、都道府県社協・政令指定都市社協66か所、市町村社協1,853か所(2011年12月現在)

主な就業職種

 福祉活動指導員、福祉活動専門員、訪問介護員・ホームヘルパー(介護職員初任者研修修了者)、地域福祉コーディネーター、ボランティアコーディネーター、受託事業職員、事務職員

採用について

 それぞれの社協によって欠員が生じたり、新規事業の着手や機構改革などに伴い、不定期に採用しています。

関連団体・組織

全国社会福祉協議会

 http://www.shakyo.or.jp/