福祉公社・社会福祉事業団
トップ

行政の一組織、または事業委託などの形態で地域の高齢者などに対し、在宅福祉サービスを提供する機関

概要

 福祉公社・社会福祉事業は、いずれも行政の一組織、または行政からの事業委託、もしくは行政から全面的な援助を受け、地域の高齢者などに対し、各種の有償在宅福祉サービスを提供する非営利の組織です。

 行政から全面的な援助を受けたり、仲間同士による相互扶助的なものもあれば、利用会員と協力会員がサービスの需給を媒介としたものもあります。

 サービスの内容は、訪問介護員・ホームヘルパー(介護職員初任者研修修了者)の派遣、各種相談・助言や友愛訪問などの相談関連、介護、食事、入浴、洗濯に至る家事・介護、外出介助や留守番などの在宅サービス、看護やリハビリテーションの指導などの医療関連、生活資金の貸付や各種援助による資金関連、警報装置の貸与や事務・経理の代行、各種指導などとさまざまです。

 2000年4月の介護保険制度の導入以降、介護支援専門員(ケアマネジャー)を配置した事業の拡大が期待されていますが、人件費の削減などにより、社協などと統廃合されているところが増えています。

事業者数

 32公社(2009年3月現在)

 117事業団(2013年4月現在)

主な就業職種

 訪問介護員・ホームヘルパー(介護職員初任者研修修了者)、事務職員、理学療法士(PT)、看護師、保健師

採用について

 事業の縮小や社協などとの統廃合、指定管理者制度の導入に伴う事業委託の見直しにより、採用は大幅に減っています。

関連団体・組織

全国社会福祉事業団協議会

 http://www.zenkoku-sfj.or.jp/