研究成果
トップ


政策課題分析シリーズ15 要介護(要支援)認定率の地域差要因に関する分析の掲載について


 標記分析については、内閣府が、@介護分野における先行研究を収集し、EBPMの観点から、効果的な政策立案に援用できる分析手法等についての示唆を導出すること、A要介護(要支援)認定率の地域差要因(都道府県、介護保険者)を明らかにし、その地域差要因を解消するための方策を探ること、B要介護(要支援)認定率の改善や、医療・介護の重症化予防に関する政策の費用対効果を実施することで、効率的な健康施策のあり方を探ることを目的として取りまとめたものです。

 
資料をまとめてダウンロードする場合は、こちら

全体版   PDF:2,374KB

 


資料を個別にダウンロードする場合は、こちら

表紙  PDF:211KB
要旨  PDF:824KB 
目次・本文1    1〜34ページ  PDF:1,024KB 

本文2

35〜43ページ     PDF:935KB 

本文3

44〜71ページ  PDF:1,198KB 

本文4

72〜79ページ  PDF:643KB 

本文5

80〜91ページ  PDF:705KB 

参考文献

92〜95ページ  PDF:489KB 

 

リンク