ワムネット
ニュース
【沖縄県】

「セラピー犬で人を笑顔に」 中部農林6生徒、指導手合格うるま

琉球新報 2017年9月29日(金)

セラピー犬初級指導手の認定証を受け取った生徒ら=21日、うるま市の中部農林高

 【うるま】お年寄りや子どもたちと交流をすることができるセラピー犬の初級指導手の試験で、中部農林高熱帯資源科の生徒らがこのほど合格、21日に認定証の授与式がうるま市の同校で行われた。
 資格審査はNPO法人沖縄災害救助犬協会が実施している。生徒は学校所有の犬と約1年半の間、ペアを組んで訓練した。審査では犬と生徒の両方の動きが採点された。認定証もペアごとに手渡された。合格したのはいずれも3年生。一緒に参加した犬もセラピー犬の認定を受け、どこか誇らしげだった。
 生徒たちは「犬のことを勉強しつつ訓練するのが難しかった」「マイペースな犬で、訓練時にテンションを保つのが大変だった」「愛護センターから引き取られた犬で、信頼関係を築くのに苦労した」などと、訓練を振り返りつつ、互いの合格を喜んだ。
 与那嶺国彦校長は「努力に知識、技術が伴っての認定で、これを励みに頑張ってほしい」と激励した。
 合格者は次の通り。カッコ内は犬名。
 具志美奈津(ハル)、與座彩弥果(ゼロ)、佐渡山茉優(ひまわり)、神谷柊(マナ)、真栄喜碧(ジュニア)、饒平名千聖(ムギ)

表示モード:

  1. スマートフォン
  2. PCサイトはこちら