WAMNETロゴ
ニュース
【京都府】

車いす鉾で「コンチキチン」京都の障害者施設、祇園祭合わせ制作

京都新聞 2018年7月19日(木)

車いすの鉾を制作した施設の利用者ら(京都市南区、京都桂川園久世障害デイサービスセンター・ショートステイ)

 京都市南区の障害者施設「京都桂川園久世障害デイサービスセンター・ショートステイ」の利用者らが祇園祭に合わせ、鉾を模した工作物を、車いすを使って作った。祭りの期間中に施設内などを「巡行」して楽しむ。

 工作物は高さ約4メートルほど。胴掛の部分は金色の折り紙などを使って鮮やかにデザインし、屋根の下には囃子方に見立てたてるてる坊主を並べた。車いすが鉾の車輪のように見える。

 センターと近隣の高齢者施設の利用者約60人が、6月からレクリエーションの時間に少しずつ制作してきた。鉾頭の部分を担当した堀江美希子さん(43)と西垣まど佳さん(43)は「目立つようにたくさんの色紙を使った。また作りたい」と話していた。

表示モード:

  1. スマートフォン
  2. PCサイトはこちら