WAM NET 介護サービス関係Q&A

介護支援専門員(ケアマネジャー)関連情報
介護


介護サービス関係Q&A


居宅介護支援事業 --> 報酬 --> 基本単位区分

質問

利用者数が介護支援専門員1人当たり40件以上の場合における居宅介護支援費(T)、(U)又は(V)の割り当てについて具体的に示されたい。

回答

【例1】
取扱件数80人で常勤換算方法で1.5人の介護支援専門員がいる場合
@ 40(件)×1.5(人)=60(人)
A 60(人)−1(人)=59(人)であることから、
1件目から59件目については、居宅介護支援費(T)を算定し、60件目から80件目については、居宅介護支援費(U)を算定する。
【例2】
取扱件数160人で常勤換算方法で2.5人介護支援専門員がいる場合
@ 40(件)×2.5(人)=100(人)
A 100(人)−1(人)=99(人)であることから、
1件目から99件目については、居宅介護支援費(T)を算定する。
100件目以降については、
B 60(件)×2.5(人)=150(人)
C 150(人)−1(人)=149(人)であることから、
100件目から149件目については、居宅介護支援費(U)を算定し、150件目から160件までは、居宅介護支援費(V)を算定する。
なお、ここに示す40件以上の取扱いについては、介護報酬算定上の取扱いであり、指定居宅介護支援等の運営基準に規定する介護支援専門員1人当たり標準担当件数35件の取扱いと異なるものであるため、標準担当件数が35件以上40件未満の場合において、ただちに運営基準違反となるものではない。

QA発出時期等
21.3.23
介護保険最新情報vol.69
平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)
〔58〕
QA09-050
 ※なお、個々のQ&Aについて、疑義等がある場合については、厚生労働省HPをご参照ください。