ニュース
医療

【愛媛県】

新型コロナ感染防止に役立てて 松山の企業が体調管理ノートなど作製

愛媛新聞 2020年5月8日(金)
ニュース画像
太陽印刷が作製した「コロナNO!te」の表紙(同社提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に役立ててもらおうと、印刷業の太陽印刷(愛媛県松山市)は、体調管理用のノートと、手洗い徹底や感染リスクを高める「3密(密閉、密集、密接)」の回避を呼び掛けるポスターを作製した。7日にノート500冊とポスター100枚を県に寄付する予定。
 印刷技術を通じて感染予防に貢献しようと、山形県の「若月印刷」が4月に考案したノートを参考に企画した。
 「コロナNO!te」と名付けたノートはB6判16ページ。1日ごとに体温やコロナ発症初期に見られる嗅覚・味覚の異常やせき、喉の痛みの有無などを記録できる。メモ欄には、体調の変化や外出先や会った人などの履歴を記入する。県のイメージアップキャラクター「みきゃん」などを表紙のデザインにあしらった。
 ポスターでは、正しい手洗いの方法と「3密」をイラストで説明している。
 鳴岡賢悟専務は「毎日の体調を記録すれば、感染した際の医療従事者の対応もスムーズになる。一日も早い終息につながれば」と話した。
 今後、中予の市町への寄付や個人向けの販売などを検討している。