ニュース
医療

【静岡県】

聴覚障害者向け「専用相談シート」 富士宮市、コロナ対策で作成

静岡新聞 2020年5月11日(月)
ニュース画像
聴覚障害者向けの専用相談ファクスシート=富士宮市役所

 新型コロナウイルス感染症対策として、富士宮市がこのほど、保健所に電話相談ができない聴覚障害者向けの専用相談ファクスシートを作成した。感染が疑われる患者から保健所が電話相談で聞き取っている質問項目を、聴覚障害者にも答えやすいように工夫して専用シートにまとめた。
 同市に聴覚障害者から感染が疑われる場合に「聞こえない私たちは何をどう相談すればいいかわからない」との相談が寄せられたことが作成のきっかけ。発熱や渡航歴など15項目の質問にチェックを入れて回答し、保健所にファクス送付で相談できるようにした。
 また、手話を言語とする聴覚障害者にも専用シート上で聞きたい症状のイメージを持ちやすいように質問文を具体的に示した。息苦しさの有無を聞く場合は「少し動いただけで息をするのが苦しくて大変か」と尋ねたり、腕足の痛みは「筋肉痛のような痛みがあるか」と聞いたりした。
 専用シートは市ホームページや障がい療育支援課の窓口で配布しているほか、郵送での発送も行っている。