ニュース
医療

【福島県】

コロナ感染者「転入院」活用 福島県独自・キビタン健康ネット

福島民友新聞 2020年5月11日(月)
ニュース画像
キビタン健康ネット活用の概略図

 県が、新型コロナウイルスに感染した入院患者の治療に、県内の医療機関を結ぶ診療情報に関する独自のネットワークシステム「キビタン健康ネット」を活用する方針を固めたことが分かった。患者が重症化して転院が必要となった場合、病院間での迅速な診療情報の共有が求められており、県は新型コロナに特化した運用方法を確立した上で月内にも始めたい考えだ。

 新型コロナ感染者に対応した県の医療体制は、集中治療や人工呼吸器が必要な重篤・重症の患者、酸素吸入が必要な中等症の患者、軽症や無症状の感染者といったように症状に応じて対応する病院や宿泊療養施設が決められている。症状が重くなったり、軽くなったりすれば転院することになり、診療情報のやりとりが必要になってくる。

 キビタン健康ネットを活用すると、それぞれの病院は薬の処方やCT(コンピューター断層撮影)・MRI(磁気共鳴画像装置)による検査画像などの情報をインターネットを通じて確認でき、書類の物理的なやりとりが不要になるため、適切で迅速な診断や治療につながる。

 重症で福島医大病院に入院した患者がその後回復してほかの病院に転院した場合でも、キビタン健康ネットを使えば、福島医大病院でどのような診療が行われたかについて転院先の病院が確認することができる。

 活用に当たっては患者の同意が必要になるため、県やキビタン健康ネットを運営している県医療福祉情報ネットワーク協議会(福島市)は、同意の取り方なども検討している。協議会の担当者は「新型コロナウイルスに対応する医療体制構築のため積極的に協力したい。県や福島医大病院の要望に応えられるよう準備を進めている」と話した。