アイコン

トップ

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

トイレ手洗い島式に 教室に空気循環装置 山陰両県の学校、コロナ対策進む
医療

【島根県】

トイレ手洗い島式に 教室に空気循環装置 山陰両県の学校、コロナ対策進む

山陰中央新報 2021年4月26日(月)
ニュース画像
滞留を防ぐ島式の手洗い場。手洗い場と離して大型の鏡を設置した=松江市上乃木1丁目、松徳学院中学・高校

 山陰両県の学校が新型コロナウイルスの感染リスク低減のため、手洗い場の改修など施設整備を進めている。松江市内の私立学校は、身だしなみを整えるため滞留しがちな女子トイレの手洗い場を島式にし、正面の鏡を無くした。空調設備の整備や手洗い水栓の自動化を図った学校もある。流行の長期化を見据え、子どもたちが安心して過ごせる環境づくりに腐心する。 

 松徳学院中学・高校(松江市上乃木1丁目)では今春、女子トイレの手洗い場の一部が島式に変わった。壁に接して設置され、正面に鏡があった従来の手洗い場と違い、鏡が無く、向かい合って両側から手を洗えて滞留を防ぐ。鏡は手洗い場と離し、大型にした。

 蛇口は触れずに済む自動式に付け替え、男女とも床のタイルは清潔に保ちやすい乾式に敷き直した。

 2、3年後に予定していた改修を前倒しにし、トイレ3カ所で工事費は4500万円。

 設備管理を担う校監の山本富朗さん(61)は「水道の蛇口がクラスターの要因とされた例もある。できる限りのリスクを減らし、生徒に安心して使ってもらう」と説明する。

 換気に気を配る学校も多い。米子北斗中学・高校(米子市夜見町)は全12クラスに1台ずつ空気清浄器を置いた。松江西高校(松江市上乃木3丁目)やキリスト教愛真高校(江津市浅利町)は空気循環を促すサーキュレータを教室や寮に設置。米子北高校(米子市米原6丁目)は、各教室に空気中の二酸化炭素含有量を示すセンサーを設け、定期的な換気を促す。

 島根県は2020年度、県立学校の設備改修などに12億6千万円を投じた。県立学校29校で手洗い水栓を自動化し、多くの学校で網戸1100枚を設置・交換。もともと予定した改修も可能な限り早め、エアコンを19校、洋式便器を11校に設置した。21年度以降も継続する予定。

 鳥取県でも20年度、県立学校16校で水道蛇口を交換し、7校で空調設備を設置した。手洗いシンクを増設した学校もあるという。

ページトップ