アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

オンラインでなんでも相談 保健師67人が参加 静岡がんセンター
医療

【静岡県】

オンラインでなんでも相談 保健師67人が参加 静岡がんセンター

静岡新聞 2021年8月17日(火)
ニュース画像
オンラインで行われたよろず相談=県立静岡がんセンター

 静岡県立静岡がんセンター(長泉町)はこのほど、「出張がん・コロナよろず相談」を県や市町の保健師を対象にオンラインで行った。
 県内29カ所の会場をオンラインでつなぎ、保健師67人が参加した。県健康福祉部の担当者がコロナ禍のがん検診受診の現状などを説明した。質疑応答では同がんセンターの山口建総長や倉井華子感染症内科部長が質問に応じた。
 山口総長は、感染力の強いインド由来のデルタ株の広がりにより慎重な感染対策を指摘した上で、がんの早期発見のため検診の重要性も訴えた。
 よろず相談はがん治療の専門スタッフが地域に出向いて相談に応じていて、新型コロナ対策として今回初めてオンラインで実施した。がん患者や家族向けの開催を含め、新型コロナ感染拡大により昨年度から中止していた。

ページトップ