アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

VR使い救命現場学習 福山医療専門校、救命士志望11人
医療

【広島県】

VR使い救命現場学習 福山医療専門校、救命士志望11人

中国新聞 2021年12月8日(水)
ニュース画像
実際の医療現場の様子(左下の画面)をゴーグルを着けて体験する学生

 福山医療専門学校(福山市引野町南)は6日、救急救命士を志望する学生が実際の切迫した現場を仮想現実(VR)を通じて学ぶ授業を開いた。新型コロナウイルス禍で医療機関での実習が難しい中、現実に近い形で学習を深める狙い。

 VRで学ぶ処置事例は、交通事故の外傷や心筋梗塞などの疾患といった5パターン。ゴーグルを着けて体験した学生11人は、講師から「現場の関係者が原因を探すため、どう対応していたか」などと質問された。講師は学生の視線をモニターで確かめ、注目する点などをアドバイスした。

 全国救急救命士教育施設協議会(東京)などが開発中のシステムで、同校が中四国地方で初めて参加した。国家資格の救急救命士の試験を受けるには、医療機関での80時間以上の実習が必要。ただ、コロナ禍で実習できないケースが増えているという。VRは現時点では実習の代替にはならないが、関係機関が可能性を探っている。

 VRの授業を受けた寺岡寿々香さん(21)は「現場の雰囲気を感じつつ、どう動けばいいか確かめられた」と話した。(川村正治)

ページトップ