アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

アレルギー適切予防を 専門医5人が解説
医療

【福井県】

アレルギー適切予防を 専門医5人が解説

福井新聞 2022年3月1日(火)
ニュース画像
アレルギー疾患の治療法などを紹介した公開講座=2月27日、福井新聞社・風の森ホール

 アレルギー疾患に関する公開講座(福井新聞社共催)が2月27日、福井県福井市の福井新聞社・風の森ホールで開かれた。福井大医学部附属病院の専門医5人が適切な予防法や治療法を解説した。

 福井大が主催。耳鼻咽喉科・頭頸(とうけい)部外科の意元義政助教は、県内の小学生約2万人を対象に昨年行った調査で23・1%の児童がダニに対するアレルギー性鼻炎、21・6%がスギ花粉に対するアレルギー性鼻炎と診断されていたと説明し、低年齢化が進んできていると指摘した。

 対処法として、室内の塵(ちり)やダニを除去するため、部屋の湿度を45%以下、温度を20〜25度に保つことや、フローリングなどほこりが立ちやすい場所は拭き掃除をしてから掃除機を掛けるなどの対策が有効と説明。スギ花粉に関しては、帰宅後、衣類や髪をよく払ってから入室することなどを勧めた。

 年中、症状が強い場合は内服薬や点鼻薬を継続して服用する必要があるとした。

 このほか、アレルギー反応が年齢とともに変化していく「アレルギーマーチ」やぜんそく、アレルギーと関連した皮膚のトラブルに関する講演もあった。

ページトップ