アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

骨髄ドナー登録、企業と連携 島根県立大出雲サークル
医療

【島根県】

骨髄ドナー登録、企業と連携 島根県立大出雲サークル

山陰中央新報 2022年4月22日(金)
ニュース画像
レオクラブの認証を受けた「あかえんぴつくん」のメンバー=出雲市渡橋町、出雲ロイヤルホテル

 献血や骨髄バンクのドナー登録を呼びかける県立大出雲キャンパスのサークル「あかえんぴつくん」(14人)が、ライオンズクラブとともに奉仕活動に取り組む「レオクラブ」の認証を受け、活動を始めた。認証は現在、県内で唯一。出雲市内のライオンズクラブや会員企業と連携し、同世代のドナー登録などの推進に一層力を入れる。

 同サークルは結成20年目。若年層を中心に献血やドナー登録を呼びかけ、500人超の骨髄ドナー登録につなげた。2021年6月に出雲中央ライオンズクラブと社会奉仕活動に関する連携協定を締結。今年2月にライオンズクラブ国際本部から、青少年健全育成を目的としたレオクラブの認証を受けた。

 認証されると、ライオンズクラブから、活動への財政支援がある。会員企業との連携も強まり、既に、献血やドナー登録のPR動画の共同制作を進めている。

 出雲市内で20日、新型コロナウイルス禍で延期されていた伝達式があり、レオクラブ会長として認証状を受け取った石原沙香さん(20)=看護学科3年=が「たくさんの人に喜んでもらえるように奉仕活動に取り組む」と決意表明。出雲中央ライオンズクラブの石原稔功会長は「若い世代に対する活動の幅が広がる。活動に期待している」と話した。

 同日、記念事業として両クラブで作った、献血、ドナー登録を呼び掛けるトイレットペーパー千個を市内の大社高校に贈った。

ページトップ