アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

心電図データ共有事例を公開 福島市消防本部、7病院と連携
医療

【福島県】

心電図データ共有事例を公開 福島市消防本部、7病院と連携

福島民友新聞 2022年10月13日(木)
ニュース画像
患者役の人に12誘導心電図電送システムを使用する救急隊員

 救急隊が現場からインターネットで患者の心電図データを病院に送る「12誘導心電図伝送システム」について、福島市などは11日、福島医大病院で、市消防本部の救急車3台に導入した同システムの運用方法を報道陣に公開した。

 同システムの利用により、これまで口頭で伝えていた心電図データを医師や看護師らが即時に共有できるため、急性心筋梗塞の治療までの時間が約20分短縮できるという。

 市消防本部は8月15日に県内で初めて同システムを導入。現在は福島医大病院など市内7病院と連携しており、運用後、同システムを使った搬送事例が44件あった。

 報道陣への公開では、救急隊員が救急車内で患者役の人に心電図の測定装置を装着したり、心電図データなどを医師に伝えたりする様子を紹介した。

 福島医大循環器内科の八巻尚洋(たかよし)准教授は本県の急性心筋梗塞の死亡率が高い状況を踏まえ「システムの導入によって、福島市内でカテーテル治療できる全ての病院で受け入れられる状況をつくった。急性心筋梗塞の死亡率の改善につながればうれしい」と述べた。

ページトップ