ニュース
介護

【新潟県】

最新の介護機器を体験 上越でフェア

新潟日報 2019年10月30日(水)
高齢者の暮らしや介護の現場で役立つ機器やサービスが紹介された「福祉・介護・健康フェア」=26日、上越市
高齢者の暮らしや介護の現場で役立つ機器やサービスが紹介された「福祉・介護・健康フェア」=26日、上越市

 ともに助け合い支え合う社会の実現に向けて、安心できる暮らしを提案する「福祉・介護・健康フェア」(新潟日報社など主催)が26日、新潟県上越市のリージョンプラザ上越で開かれた。約1800人が来場し、介護用機器の展示や高齢者向けの宅配弁当を試食するブースなどを巡っていた。

 情報展示コーナーには37団体・企業が出展。ボッチャや車いすバスケットボールの体験コーナー、障害者が生産に携わった農産物の販売ブースも設けられた。

 ベッドから車いすなどへの移動を助けるロボットを体験した同市の介護福祉士(59)は「最新型は使いやすく、安全性も高まっており、介護現場の作業効率化につながる」と感心していた。

 フェアは11月17日に新潟市中央区の朱鷺メッセ、12月1日に長岡市のハイブ長岡でも開かれる。