ニュース
介護

【栃木県】

在宅時間を有意義に 栃木・鹿沼市社会福祉協議会、CATVで福祉講座

下野新聞 2020年6月24日(水)
ニュース画像
「あなたも今日からサポーター〜車いす編〜」の撮影風景

 【鹿沼】市社会福祉協議会は今月から、鹿沼ケーブルテレビ(CATV)と連携し、市内で活躍するボランティアや地域の人が講師を務める福祉講座をかぬまチャンネル第1(地上11チャンネル)で放送している。
 市民同士がつながり、福祉、ボランティアに理解を深めてもらうことが目的。新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が長くなる中、時間を有意義に使ってもらおうと企画した。
 講座は「今日からできる免疫アップクッキング」「福祉ワンポイント講座」「親子あそび体験」「やってみよう防災体験」「あなたも今日からサポーター」の5講座、全12回。同CATV「鹿沼トピックス」のコーナーで8月まで、1回10〜15分間、1日7回放送する。毎週火曜日に内容が更新される。
 例えば「あなたも今日からサポーター」は車いす編、視覚障害者編、聴覚障害者編などがある。車いす編では、車いす利用者が階段などで手助けが必要な場合のポイントとして、(1)しっかりグリップを握る(2)ブレーキをかける(3)十分な人数で持ち上げる−などを紹介。実践に役立つ内容となっている。
 市社協担当者は「福祉やボランティアは町づくりの一つ。講座で学んでボランティアに参加するなど行動に移してもらいたい」と呼び掛けている。放送時間など詳細は同CATVホームページで掲載。(問)同CATV0289・63・0005。