ニュース
介護

【高知県】

高齢者の介護予防などに 無料トレーニングジム人気

高知新聞 2020年10月14日(水)
ニュース画像
社協が開放しているジムで思い思いに運動する市民ら(土佐清水市栄町)

通気を考慮し移転拡充 土佐清水市社協
 高知県の土佐清水市社会福祉協議会(土佐清水市寿町)が開設した無料のトレーニングジムが人気を呼んでいる。新型コロナウイルスの影響で3月から休止していたが、通気の良い場所に移転し、器具も増やして10月に再開。早速、利用者が汗を流している。

 高齢者の介護予防などにつなげようと、土佐清水市社会福祉協議会は2017年7月、事務所のある土佐清水市社会福祉センターの地下にジムを開設。説明会に参加して利用登録すれば誰でも無料で使えるようにした。

 利用者は当初3人だったが、口コミで徐々に知られ、2018年度は44人が登録。これを受けて2019年度は開放日を週1回から5回に増やすなどしたところ、82人に増えた。

 3月からは新型コロナの影響で休止したが、窓のない地下室から、十分に換気ができる場所への移転を模索。栄町の旧松谷内科の建物を借り、トレーニング器具も8種から12種に増やして10月1日に再スタートした。初日から利用者が続々と訪れ、自転車型の器具や腹筋台などを使って思い思いに鍛えていた。

 ジムの利用は月曜から金曜(水曜は男性のみ)の午前9時半〜正午。月、水、金曜は職員がいる。今月の説明会は14、29日の午後1時半から。問い合わせは地域包括支援センター(0880・83・0233)へ。(山崎彩加)