アイコン

トップ

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
高齢・介護

【栃木県】

施設の利用者と画面越しに交流 栃木・真岡市の高校生、体操やクイズ楽しむ

下野新聞 2020年11月5日(木)
ニュース画像
ビデオ会議アプリを通して実施したレクリエーション

 【真岡】真岡北陵高は、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使って鹿沼市の「デイサービスかぞく」利用者とレクリエーションを行った。教養福祉科の3年生21人が、教室から画面越しに60〜90代の利用者10人と体操やクイズに取り組んだ。
 同科は介護福祉士を目指す学科。新型コロナウイルスの影響を受けて施設での介護実習が中止になったため、施設利用者とレクリエーションをする機会を設けようと、デイサービスかぞくの協力を得て行った。
 この日、生徒は5グループに分かれてレクリエーションを実施。班ごとに内容を決め、音楽に合わせて体操やクイズなどを楽しんだ。
 クイズを提供した班では、生徒が「コスモスは漢字で『秋桜』と書く。マルかバツか」などといった問題を、施設利用者の反応をうかがいながら出題した。利用者は周囲の人と相談するなどして解答していた。参加した利用者からは「楽しかった」「(画面越しは)不思議な感じだった」「元気をもらった」などの感想が寄せられた。
 同校の鷺谷瑠美(さぎやるみ)さん(17)は「画面越しだったので、よく聞こえるように声を張った。緊張したが、利用者の反応が見えた時はうれしかった」と話した。

ページトップ