アイコン

トップ

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
高齢・介護

【長崎県】

新聞紙紙袋 コンビニで''活躍'' 諫早の老人ホームで手作り 無償提供

長崎新聞 2021年6月4日(金)
ニュース画像
紙袋を作る利用者ら=諫早市長田町、清和福祉会ゆたか荘 みらいホーム

 長崎県諫早市長田町の住宅型有料老人ホーム「清和福祉会ゆたか荘 みらいホーム」(中川浩司代表)の利用者らが、新聞紙を使った紙袋作りに取り組んでいる。紙袋は、近所のコンビニに無償提供し「客の評判もいい」と喜ばれている。
 認知症などの症状がある利用者らのリハビリを目的に、3月に製作を始めた。半分に折った新聞紙を縦17センチ、横24センチ、幅8センチの袋状に貼り合わせ、取っ手はホチキスで留めた上で接合部をチラシで補強した。
 出来上がった紙袋は近くの「ローソン諫早長田町店」に買い物袋として無償提供。店頭に置いて、客が自由に使えるようにしたところ、ほぼ2日で40枚がなくなったという。それからはほぼ毎日約20人で約60枚を製作し提供を続けている。
 同店のオーナー、松本尚武さん(76)は「おにぎりなど買った物を入れるのにちょうど良いと、客からの評判も上々。紙袋が会話のきっかけになり、笑顔になってもらえるのもいい」と話した。
 施設の利用者らは生き生きと率先して「仕事」を楽しむようになったといい、「認知症のお年寄りでも社会に役立てることがあると実証し、認知症のイメージを明るいものに変えていきたい。高齢者が展開するエコ活動として、他の施設などにも広がれば」と期待を寄せている。

ページトップ