アイコン

トップ

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
高齢・介護

【愛知県】

成年後見制度を落語や寸劇で紹介 名古屋で行政書士らセミナー

中日新聞 2021年6月29日(火)
ニュース画像
寸劇で後見制度について伝える行政書士たち=名古屋市昭和区で

 認知症などで判断力が低下した人の財産管理や契約を担う成年後見制度について、理解を深めるセミナーが27日、名古屋市昭和区の市高齢者就業支援センターであった。
 制度では、主に弁護士や行政書士など専門家らが後見人に選任され、本人に代わって金銭の管理やサービスの契約などを担当する。セミナーは、行政書士でつくるコスモス成年後見サポートセンター県支部(コスモスあいち)が主催し、約50人が参加した。
 行政書士でアマチュア落語家の生島清身(高座名・天神亭きよ美)さんによる落語の映像を上映。遺言書を残し忘れた女性が、天国の案内人の指導で遺言を残すまでをユーモアを交えて説明した。
 判断力があるうちに将来の代理人を定める「任意後見」をテーマにした寸劇も、同支部の会員が披露。「保証人なしでも老人ホームに入居しやすい」「入院する際の契約なども代わりに結ぶ」など、後見人の役割を伝えた。
 県や市の高齢者福祉の担当者らが、高齢者を取り巻く社会情勢や支援策について話し合うシンポジウムや、支部の会員による無料相談会もあり、参加者は制度の仕組みを学んだ。 (土屋晴康)

ページトップ