アイコン

トップ

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
高齢・介護

【宮崎県】

電話で傾聴 孤立解消 「誰でも気軽に利用を」宮崎市・ボランティア団体

宮崎日日新聞 2021年7月19日(月)
ニュース画像
コロナ禍での孤立を防ぐため電話による傾聴活動を始めた宮崎市傾聴ボランティア団体連絡会

 不安や心配事のある人に耳を傾ける宮崎市傾聴ボランティア団体連絡会(西野宏代表・あおきダンボの会会長、11団体)は今月から、電話での傾聴活動を始めた。これまで高齢者施設などを直接訪問してきたが、コロナ禍により昨年春から活動が制限され、対面できる機会が激減していた。電話を利用するのは初めての取り組みで、コロナ禍による孤立解消の手助けとなりそうだ。
 電話での傾聴活動は9月末までの期間限定で、赤い羽根共同募金が携帯電話5台と通話料金を助成する。4団体が利用し、6月末には会員約30人が集まり、電話での傾聴に対応するための講習会があった。
 同市檍地区のあおきダンボの会(16人)は今月2日から、檍公民館で活動を開始。会員2人一組で支援を希望する人から電話越しに話を聞いた。1人暮らしの70代男性と日々の生活や体調について話した西野会長(73)=同市吉村町=は「新たな試みとして活動が再開できうれしい。コロナ禍で孤立している人が多い。年齢、性別は問わないので気軽に利用してほしい」と話していた。
 電話での傾聴は各団体ごとに週1、2回、曜日と時間帯を決めて無料で実施している。事前予約が必要で、対応時間は1人約30分。問い合わせは月〜木曜(祝日を除く)の午前10時〜正午。西野さん(電話)070(3248)7611。

ページトップ