アイコン

トップ

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
高齢・介護

【栃木県】

介護福祉タクシーや民間救急車 宇都宮の矢野自動車、患者輸送サービス強化 地域貢献で収益の柱育成

下野新聞 2021年10月8日(金)
ニュース画像
矢野自動車が配備している民間救急車や介護福祉タクシー

 タクシー業の矢野自動車(宇都宮市西川田町、矢野愛子(やのあいこ)社長)は、介護福祉タクシーや民間救急車など福祉分野の輸送サービス部門を強化した。コロナ禍でタクシー業界が苦戦を強いられる中、高齢化の進展に伴い福祉関連の輸送ニーズは高まっている。同社は、超高齢社会で地域が求める課題を解決するサービスに活路を見いだそうとしている。
 同社によると、コロナ禍ではビジネス客の需要減などで苦戦している。2021年3月期は、売上高が前期より4割超減少した。このため、同社には看護師資格を持つ従業員も在籍していることから、地域貢献をしながら新たな収益部門を育てる方策を模索した。
 そこで今年4月、ケアサポート事業部を立ち上げて福祉分野の輸送を始め、現在は7台を運行している。看護師1人、介護福祉士2人、介護ヘルパー1人が勤務する。
 同社は、宇都宮市消防局から患者等搬送事業者(民間救急車)の認定を受けた。公的な救急車よりも緊急性の低い患者が、医療的措置を受けながら送迎を受けられる制度で、県内のタクシー業者が認定を受ける例は少ないという。
 民間救急車は2台を配備しており、ストレッチャーや車いすでの移動が可能な上、専門職から吸たんや点滴などの措置を受けられる。料金は初乗り(30分まで)が4200円で、加算料金を払えば専門職の同乗や医療的ケアが受けられる。患者の通院や転院で運行実績があり、医療機関や介護施設の依頼もあるという。
 介護福祉タクシーの料金は通常のタクシーと同じ体系で、初乗り(1・1キロまで)は500円。一部は介護保険サービスとして利用できる。介護福祉タクシーでも加算料金で専門職を同乗させられる。
 介護施設から運転業務の委託を受ける「施設常駐型タクシーサービス」も取り扱う。
 同社ケアサポート事業部の矢野愛実(やのまなみ)マネージャーは「誰もが利用できる移動手段を提供し、暮らしやすい地域づくりに貢献したい」と話している。

ページトップ