アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
高齢・介護

【徳島県】

理学療法士・川村さん、高齢者集う場を提供 健康維持へ「お茶会」 徳島市で月1回

徳島新聞 2022年1月12日(水)
ニュース画像
高齢者が集う場にと、月1回の「お茶会」を設けている川村さん(左)=徳島市のふれあい健康館

 小松島市の特別養護老人ホームで理学療法士として働く川村敏仁さん(40)=徳島市住吉6=が、同市のふれあい健康館で月1回、高齢者が自由に集まれる場「きっかけのお茶会」を提供している。新型コロナウイルス禍で外出の機会が減り、運動機能の低下が懸念される中、健康維持を図るのが狙い。利用を呼び掛けている。

 お茶会はふれあい健康館の正面玄関を入ってすぐの1階ギャラリースペースに構え、長机と椅子を置いている。川村さんが入れた抹茶やコーヒーを飲みながら、来場者同士で会話を楽しむ。川村さんの健康相談もある。立ち寄りやすい雰囲気をつくるため、昭和歌謡を流している。

 コロナ禍で、川村さんが勤める施設でもリハビリを受ける利用者が減っており、「巣ごもりしていては心身共に良くない」と、ふれあい健康館に高齢者が集える場を設けた。感染拡大による中断を挟み、昨年4月から月1回、日曜にお茶会を開いている。認知度不足が課題で、毎回2〜5人の利用にとどまっている。

 川村さんは「体が悪くなるのを予防するのも理学療法士の仕事。外に出て人と触れ合い、日々の生活に刺激を与えてほしい」と話している。

 お茶会は午後1〜5時、出入り自由。今月は14日に開く。お茶代200円が必要。問い合わせは川村さん、電話050(3778)6364。

ページトップ