アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
高齢・介護

【岐阜県】

歩いてフレイル予防 各務原市スマホアプリで新事業 10月開始、参加者を募集

岐阜新聞 2022年7月29日(金)
ニュース画像
新事業への参加を呼びかける浅野健司市長=各務原市役所

 岐阜県各務原市は高齢者のフレイル予防のために、10月1日からスマートフォンアプリ「ALKOO(あるこう)」を使った新事業「フレイル予防ウォーキング」を始める。27日に浅野健司市長が定例記者会見で明らかにした。

 同事業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出機会が減るなどしている高齢者に体を動かすきっかけにしてもらおうと実施する。実際に、市が昨年、市内の高齢者約120人に実施したアンケートでは、半数が新型コロナの影響でフレイルの進行を感じていると答えたという。

 同事業への参加定員は500人。11月30日までの2カ月間で厚生労働省の基準に基づき、男性は65〜74歳が40万歩、75歳以上が35万歩、女性は65〜74歳が35万歩、75歳以上が30万歩のそれぞれ目標歩数を達成すると、市内事業者の日本酒や米など、3千円相当の景品をもらうことができる。

 市ホームページなどから申し込むことができ、浅野市長は「ウオーキングは手軽に始められる運動なのでぜひ参加してほしい」と呼びかけた。

 本年度予算の介護保険事業費から約274万円を充てる。

ページトップ