アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
トップ

【福井県】

障害者の金銭管理支援法 福井市で講座、37人が学ぶ

福井新聞 2021年12月7日(火)
ニュース画像
障害者の金銭管理の支援法を学んだ講座=12月5日、福井県福井市の県社会福祉センター

 自閉症や発達障害の人が自分で金銭管理するための支援法を学ぶ講座(福井新聞社後援)が12月5日、福井県福井市の県社会福祉センターで開かれた。オンラインを含め教員や当事者の家族ら37人が受講し、家庭などでの関わり方に理解を深めた。

 知的障害や発達障害の子どもの支援団体「らいと(旧にこにこクラブSUNFISH)」=福井市=が、「自分で決める自分のしたい暮らし」をテーマに開いている講座の一環。

 障害のある人や幼児、高齢者らの生活支援グッズを開発、販売する「おめめどう」(兵庫県)代表取締役の奥平さんが講師を務めた。

 自閉症の子どもがいる奥平さんは、障害があっても自分で金銭管理する大切さを強調。自身の経験談を交え、カレンダーや表に収支を書いたり、お金を透明な容器に入れたりして、目に見える形で管理することが必要と話した。

 また、子どもの欲しいものを保護者が買い与えたり、予定外のお金を渡したりすることは、「本人が一生懸命考えたことが帳消しになる」と指摘。親が買う場合でも、額を決めて後から返済させるなどのポイントを示した。


ページトップ