アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
トップ

【愛媛県】

愛媛産ブランドで「みんなとつながるお菓子」第1弾 障害者施設と企業コラボ、ジェラート完成 松山三越などで販売

愛媛新聞 2022年8月1日(月)
ニュース画像
コミ花フェ花楽里でジェラートを販売する施設利用者ら=28日午前、松山市道後町2丁目

 愛媛県社会福祉事業団が運営する障害者就労支援施設と県内企業がコラボし地元産の果物から考案した「いだいのピオーネジェラート」がこのほど完成。松山市の「ほほえみ工房ぱれっと道後 コミ花フェ花楽里」(道後町2丁目)と松山三越(一番町3丁目)で販売が始まった。菓子の製造販売を通し施設と生産者や地域をつなぐブランド「みんなとつながるお菓子 tetote(てとて)」の第1弾スイーツで、続く商品展開も企画している。
 tetoteは新型コロナウイルス禍で施設の減収が課題となる中、新商品開発などを支援するえひめ産業振興財団のチャレンジプラン事業を活用。県社会福祉事業団と県内2社のコラボにより誕生した。
 ジェラートは1個430円。コミ花フェ花楽里ではドライフルーツなどを添えたプレートでの提供もある。第2弾はピオーネゼリーを開発中で、秋ごろの販売に向け準備しているという。


ページトップ