アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
トップ

【広島県】

障害あってもなくても一緒にサッカー 広島でインクルーシブサッカー

中国新聞 2022年8月15日(月)
ニュース画像
医療用のつえを使いプレーするサッカーを体験する参加者たち

 障害の有無にかかわらず誰もが一緒にサッカーを楽しむイベント「インクルーシブフットボールフェスタ広島」がコジマホールディングス中区スポーツセンター(広島市中区)であった。小学生や大学生計170人が参加した。

 アイマスクを着け、音が鳴るボールを追うブラインドサッカーの参加者は、競技に取り組む県内の障害者から「見えない分、しっかり音を聞いて」と助言をもらいながら、ボールを止めたり、蹴ったりすることに集中していた。他に耳栓をして発声なしで行うデフサッカーや電動車いすサッカー、医療用のつえを使ってプレーするアンプティサッカーなども体験した。

 障害者と健常者の相互理解を促すため、日本障がい者サッカー連盟(東京)などが7月下旬に開催。広島県では2019年に初めて開き、昨年のオンライン開催を含めて3回目となった。参加した熊野第四小6年中野蒼太さん(11)は「耳栓をしてサッカーをしてみて、耳が聞こえない人が生活する時の大変さを感じた」と話していた。(久保友美恵)


ページトップ