アイコン

トップ

アイコン

高齢・介護

アイコン

医療

アイコン

障害者福祉

アイコン

子ども・家庭

wamnetアイコン

独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイトです。

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ |
アイコン高齢・介護 |
アイコン医療|
アイコン障害者福祉|
子ども・家庭
アイコン



福祉医療広告

ニュース
トップ

【栃木県】

点字の打ち込み体験 栃木・真岡市 児童ら障害者理解深める

下野新聞 2022年8月25日(木)
ニュース画像
ゲームを通じて点字の打ち込みを体験する児童たち

 【真岡】小学生を対象とした障害者理解促進のイベント「図書館プロジェクト」が、石島の二宮コミュニティセンターで開かれた。17人が参加し、点字器を使った点字の打ち込みなどを体験した。
 市内の就労継続支援B型事業所「そらまめ食堂」と真岡女子高JRC部、市図書館、市基幹相談支援センターが共同で実施。2015年から夏や冬に障害者との交流や理解促進に向けたイベントなどを展開しており、今年はJRC部員が中心となって企画した。
 楽しみながら障害への理解を深めてもらおうと、ロールプレーイングゲーム形式を採用した。12月にかけて3回の企画を予定しており、第1回の今回は参加者がゲームのキャラクターと仲を深めるという設定で進めた。参加した児童は高校生に見守られながら点字器を使って自分の名前を点字にし、キャラクターに自己紹介するなどした。
 真岡東小4年の小林楓(こばやしかえで)さん(9)は「点字器で打つのが楽しかった」と喜んでいた。JRC部の2年大賀(おおが)うらら部長(17)は「身近に点字があることを知り、興味を持ってほしい」と話した。


ページトップ