ニュース
トップ

【京都府】

福祉施設で書道パフォーマンス 高校生がボランティア活動

京都新聞 2019年1月9日(水)
書道パフォーマンスで力強く筆を進める網野高書道部員たち(京丹後市網野町・丹後園デイサービスセンター)
書道パフォーマンスで力強く筆を進める網野高書道部員たち(京丹後市網野町・丹後園デイサービスセンター)

 京都府京丹後市網野町の福祉施設「丹後園デイサービスセンター」で6日、網野高の生徒による書道パフォーマンスや茶会があった。利用者たちは多彩な催しを通して生徒との触れ合いを楽しんだ。

 同高が年末年始に取り組んでいるボランティア活動「ドリーム大作戦」の一環。この日は書道、茶道部の部員計9人が訪れた。

 参加者全員でビンゴゲームをした後、書道部員は「みなさんの毎日が、すてきな愛と幸であふれるように」との願いを込め「和氣愛逢(わきあいあい)」と力強く書いた。茶道部員はお点前を披露し、茶を味わった参加者は「おいしい」「おかわりがほしい」と喜んでいた。

 書道部長の2年生(17)は「文字の意味がしっかり伝わったと思う。みなさんの活力になってほしい」と話した。