ニュース
トップ

【宮崎県】

障害者ら 楽しく運動 宮崎市で交流イベント

宮崎日日新聞 2019年4月17日(水)
障害の有無に関わらず、ユニバーサルなスポーツを楽しむ参加者ら=15日午前、宮崎市の県体育館
障害の有無に関わらず、ユニバーサルなスポーツを楽しむ参加者ら=15日午前、宮崎市の県体育館

 障害の有無に関係なくスポーツを楽しむ「ナイスハート・ふれあいのスポーツ広場宮崎大会」(自動車総連、国際障害者年記念ナイスハート基金主催)は15日、宮崎市の県体育館であった。県内の障害者支援施設など8施設の利用者ら約300人が参加し交流を深めた。
 参加者は2チームに分かれてロープやボール、風船を使った3競技に挑戦。直径約50センチの巨大風船を使った競技「風船バレー」は、制限時間内に相手陣地にどれだけ多くの風船を押し込めるかを競った。参加者は自陣に次々と飛んでくる風船を、ジャンプしながら両手を使って力強くはね返していた。
 グリーンハート宮崎(宮崎市)の川口竜他さん(27)は「団体戦だったので、みんなで力を合わせてプレーした。楽しい一日を過ごすことができた」と満足げだった。
 同広場は1992年から全国で始まり、本県では2009年から宮崎、延岡、都城市を巡回して開催。今年で11回目になる。