ニュース
トップ

【島根県】

ソーシャルプランニングネットが西園町に 介護相談の拠点整備へ

山陰中央新報 2019年5月27日(月)
オープンに向けて打ち合わせをする準備室のスタッフ
オープンに向けて打ち合わせをする準備室のスタッフ

 医療・福祉経営コンサルタント事業などを手掛ける出雲市大津新崎町6丁目のソーシャルプランニングネットワーク(園山充彦社長)が、同市西園町で介護相談コーナーや福祉用具の展示・販売、リラクセーション施設を併設した拠点を開く準備を進めている。長浜地区などの住民に立ち寄ってもらい、介護に関するさまざまな相談に応じられる場にしたい考えだ。

 同社は長浜地区内で、サービス付き高齢者向け住宅を運営。福祉サポート事業部の長谷川幸正部長(43)は、地域住民の声を聞く中で、介護が必要な症状が出始めてもどうして良いか分からず、戸惑っている高齢者が多いとし「気軽に相談に来ていただける場所をつくりたい」と話す。

 約1260平方メートルの敷地に設ける拠点は「Life(ライフ) Support(サポート) Mall(モール) 蒔庵(しあん)」。ケアマネジャーやホームヘルパーが常駐して介護保険に関する相談に応じたり、訪問介護をしたりするほか、福祉用具を試したり、アロマセラピーや漢方のリラクセーションのサービスを受けられたりする。

 9月ごろのオープンに向け、介護福祉士や福祉用具専門相談員らスタッフが地域でニーズ調査などを進めている。準備室の大谷俊幸リーダー(40)は「それぞれの専門性を生かし、在宅介護のお手伝いをしていきたい」と話した。