ニュース
トップ

【山梨県】

困窮乳幼児世帯を支援、 フードバンク山梨 粉ミルク、おむつ募る

山梨日日新聞 2019年9月10日(火)
米山けい子理事長(左)が粉ミルクやおむつの寄付を呼び掛けたイベント=南アルプス市百々
米山けい子理事長(左)が粉ミルクやおむつの寄付を呼び掛けたイベント=南アルプス市百々

 認定NPO法人フードバンク山梨(米山けい子理事長)は6日、乳幼児がいる生活困窮世帯向けに粉ミルクやおむつなどを集める「乳幼児応援プロジェクト」をスタートした。10月19日にイベントを開き、対象世帯に手渡す。
 プロジェクトは昨年10月から実施し、今回で3回目。10月11日まで、粉ミルク100缶、おむつ100パックを目標に寄付を募る。南アルプス市百々の同法人事務所で受け付ける。併せて、不足分の購入などに充てる運営費300万円の募金も呼び掛けている。
 イベントは同市の桃源文化会館で、行政や保育所などを通じて申請のあった世帯を対象に開催。粉ミルクとおむつ、食品を配布する。専門職による健康相談や歯科検診、法律相談などを行い、子どもの遊び場も用意する。30世帯の参加を見込んでいる。
 6日は同法人事務所でキックオフイベントを開き、米山理事長が「赤ちゃんの時期から厳しい経済格差がある状況を多くの人に知ってもらい、支援につなげたい」とあいさつした。