アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【神奈川県】

弁当+防犯も配達 都内宅配業者と県警連携、詐欺注意のチラシ配布

神奈川新聞 2020年7月6日(月)
ニュース画像
1日から特殊詐欺に注意を促す県警のチラシを弁当とともに高齢者に届ける「宅配クックワン・ツゥ・スリー」の担当者=横浜市神奈川区

 お年寄りに弁当と特殊詐欺への注意情報をお届け―。高齢者向けに宅配弁当サービスを展開する「シニアライフクリエイト」(東京都港区)が7月1日から、県警と協力して県内での配達時に、特殊詐欺への注意を促すチラシ配りを始める。県内の顧客は約8千人。直接顔を合わせて注意喚起できる利点を生かし、高齢者を陥れる卑劣な犯罪の抑止に一役買う。
 同社は「宅配クックワン・ツゥ・スリー」の名称で在宅高齢者への弁当宅配事業を全国で展開。県内でも横浜市を中心にほぼ全域で利用されている。弁当は原則、対面で高齢者に届けており、配達スタッフは日頃から安否確認や見守りも意識して活動している。
 県警がこうした取り組みに着目し、高齢者の被害が大半を占める特殊詐欺の抑止に向け、協力を求めた。同社の担当者は「何げない会話を通して、お客さまと信頼関係を築いている。高齢者の貴重な財産を守る手助けをしたい」と話す。
 県内の特殊詐欺の認知件数は昨年、2790件で過去最悪を記録。被害総額は約50億円に上った。今年も4月末現在で636件が認知され、被害者の約7割は70〜80代の女性だった。大半は平日の昼から夕方に発生しており、弁当の配達時間と重なるという。
 県警はチラシ配布だけでなく、特殊詐欺の手口などを同社に情報提供し、配達時に注意喚起してもらうなど、協力して特殊詐欺の撲滅に努める考えだ。


ページトップ