アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【熊本県】

シニアパワーで150号 72〜91歳が編集 創刊27年のボランティア機関紙

熊本日日新聞 2020年8月4日(火)
ニュース画像
創刊27年目で150号を迎えた機関紙「藍・愛・逢い」を持つ本渡地区ボランティア連絡協議会の編集メンバー=天草市

 熊本県天草市の本渡地区ボランティア連絡協議会が発行する機関紙「藍・愛・逢[あ]い」が創刊27年目で150号を迎えた。編集するのは72〜91歳の6人で、地域のボランティア情報の発信をシニアパワーが担っている。

 創刊は1994年で、B4判の表裏2ページ。2カ月に1回のペースで発行しており、地域のボランティア団体の活動を中心に紹介する。ボランティアの心構えのほか、中学生の寄稿特集も展開するなど、若い世代の参加も呼び掛けている。

 編集会議には毎回、メンバー6人が全員参加。アイデアを出し合い、企画に応じた原稿の依頼先などを話し合う。発行部数は600部。公民館や郵便局、小中学校、図書館などへの配布もメンバーが担う。

 創刊時から編集に携わる福島訓美子[くみこ]編集長(89)と金子ヒロ子さん(91)は「ボランティア情報を発信しながら、自らも成長できた。連携をさらに強め、200号を目指したい」と話している。(赤池一光)


ページトップ