アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【徳島県】

高齢者支援へ互助組織結成、那賀・鷲敷地区住民 買い物代行や送迎を計画

徳島新聞 2020年8月20日(木)
ニュース画像
住民に会の活動内容を説明する青木さん(左)=那賀町阿井の阿井公民館

 徳島県那賀町鷲敷地区の住民有志が、高齢者支援を目的としたグループ「結」を結成した。買い物代行や車での送迎といったサービスを有償、無償で提供し、民間の力で地域の高齢者を支える。

 設立を呼び掛けたのは同町阿井の旧鷲敷町職員、青木紀男さん(76)。福祉関係の部署で長く勤め、退職後もボランティア活動をしてきた。高齢化が進む地区の現状を憂い「周りの人々を支えたい」と互助組織づくりを思い立ち、知人に呼び掛けた。

 青木さんによると、地区では食料品や日用品を販売する商店が昨年末に閉店。遠くのスーパーまで行くのが負担になっている高齢者もいる。会は買い物支援からスタートし、住民の要望を踏まえて他のサービスを提供していく。料金は今後検討する。

 発足時の会員は4人。7月中旬に同町阿井の阿井交流センターで発足会を開き、会員確保や知名度向上などの目標を設定した。会の名称は「結び付き」「小さな集落などでの共同作業」などを意味する言葉から取った。

 住民が茶や菓子を囲んで語り合うサロンづくりも検討する。青木さんは「人は助け合うことで元気でいられる。地域の人から頼りにされるような会にしていきたい」と話している。

 町社会福祉協議会によると、町内の住民の互助組織は木沢地区に次いで2例目。


ページトップ