アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【栃木県】

切れ目ない支援へ 栃木・芳賀町、妊婦に育児パッケージ

下野新聞 2020年8月20日(木)
ニュース画像
見目町長(左)から育児パッケージを受け取る加藤夫妻

 【芳賀】町は本年度、職員と妊娠後期面接をした町内の妊婦に子育て用品を詰め合わせた「育児パッケージ」を贈呈する事業を始め、第1号の贈呈式を町役場で行った。
 育児パッケージの贈呈は、面接を受けるきっかけにしてもらおうと実施する。出産前から親と職員が顔を合わせることで、信頼関係を築き、子育てについて切れ目のないサポートをすることを目指す。昨年度までは、妊娠後期の相談は電話で行っていたという。
 育児パッケージは、積み木のおもちゃと、離乳食の食器セット、おくるみ、収納ボックスからなる。おおむね28〜32週の妊婦で、町子育て支援課内にある子育て世代包括支援センター「にこっと」のコーディネーターと面接した町在住者に贈る。
 この日は、11月に出産予定という八ツ木、主婦加藤亜由美(かとうあゆみ)さん(40)と会社員幸雄(ゆきお)さん(41)夫妻が町役場を訪問。見目匡(けんもくただし)町長が「妊娠から子育てまで、順を追って相談できる体制を整えた。一つのきっかけとして提供させていただきたい」と育児パッケージを手渡した。
 夫妻は「大切に使わせていただきます。待望の子どもなので大事に育てていきたい」と語った。


ページトップ