アイコン

トップ

旧トップ
ページへ

トップ背景
wamnetアイコン
検索アイコン
知りたいアイコン
ロックアイコン会員入口
アイコントップ | アイコン高齢・介護 | アイコン医療| アイコン障害者福祉| 子ども・家庭
アイコン



ランダム表示の広告
福祉医療広告

高齢・介護
医療
障害者福祉
子ども・家庭

ニュース
トップ

【山梨県】

病歴や連絡先迅速把握へ 高齢者に救急キット

山梨日日新聞 2020年10月8日(木)
ニュース画像
高齢者宅の冷蔵庫に「救急医療情報キット」を入れる民生委員=北杜市内

 北杜市民生委員・児童委員協議会は、1人暮らしの高齢者に病歴や連絡先を書き込んで専用の筒で保管する「救急医療情報キット」を配っている。緊急時に救急隊員らが高齢者の状況を迅速に把握するのに役立てる。
 1人暮らしの高齢者が倒れた際、発見した人や救急隊員が症状の原因につながる病気の把握などに苦慮していたことから、市の協力を得て導入した。
 市福祉課によると、キットは、病歴や服用中の薬、かかりつけ医、親族の連絡先などを記入するシートと専用の筒のセット。駆け付けた救急隊員がシートをすぐ見つけられるよう、冷蔵庫に入れてもらう。
 対象は80歳以上の1人暮らし世帯で、約1700世帯を見込んでいる。7月から民生委員が各家庭を訪問して記入方法などを説明し、キットを配っている。来年度中に全世帯に配布して、その後は対象年齢を拡大する予定。
 同課の担当者は「緊急時に的確な対応ができるよう準備したい」と話している。


ページトップ